リサーチキャッシング

お金を借りるときに疑問に思うことや、初めて借りる方も2度目3度目の方も、それ以上の方もどこで借りることが一番確実なのかがわかります。

とうとう消費税が10%に引き上げ!

2019年10月から消費税が10%に引き上げ決定

安倍首相さん、ついに消費税の軽減税率制度を表明しましたね。
「今こそ、全世代型の社会保障制度へと大きく転換し、同時に財政健全化も進めていく」と消費税率を10%に引上げることを表明しました。時期は、2019年の10月1日からです。
軽減税率とか言ってますけど、結局のところ10%に増減ですよね!

これが、その消費税の軽減税率制度に関するリーフレットです。

完全に10%ではなく8%のままの品目もあるようで...これ絶対に色々と問題が起こりますよね...
外食は対象外だけど、テイクアウトは対象。
買ってその場で食べると外食となり対象外の10%その場で食べずに持ち帰ると対象となり8%。同じものを買っても消費税が違ってくるんです。

そして、こんな内容も発表しています。
中小小売店での買い物で現金ではなくキャッシュレス決済(要するにクレジット決済ですよね!?)をすると、2%のポイント還元をすると...このポイントが何に使えるかわかりませんが、ポイントで還元してもらうより減額してもらった方がうれしいに決まってます!
しかも、お買い物は現金派!!という方もたくさんおられますよね。

消費税を上げるのは何のため!?

この疑問の回答が財務省のHPに載っていました。
簡単に言うと、社会保障財源の確保ということですが、本当に確保できているかなんてわからないですよね。
消費税ではなく法人税や所得税の引き上げをすれば、働いている現役世代と言われる世代だけに負担がいくことになります。なので、消費税を引き上げることで偏ることなく国民全体で負担しようというわけです。

シワ寄せがくるのは、一般家庭、そして、平均収入ギリギリで暮らしている家庭だと思います。消費税の引上げは本当に苦しいものです。3%という消費税ができたときから、ジワジワと生活は変わりつつあります。もちろん、良くない方へ...。100円や200円の買い物ではそんなに影響は受けませんが、額が大きくなると目が回ります。
そもそもの社会保障制度の安定は?税金上げるだけ上げて、何か暮らしに変わりはありましたか?自分の周りでは何にも感じませんね。


また増税...厳しい時代が来ますね。

社会保障制度って!?

年金・介護・医療・子育て等にかかる費用をみんなで負担し合おう、支え合おうという制度です。

医療費も高くなる一方、そして、数年前の子ども手当、子ども一人につき月額13,000円の支給もいつの間にか終わりました。今では、3歳未満が月額15,000円、3歳から中学生まで月額10,000円。第3子は3歳から小学生の間は月額15,000円です。
子どもの人数で、何番目の子かでもらえる額が変わることにも納得がいきません。
何人も産めれば、それだけで月額10万円以上。


子どもの人数で額を決めるなんて、全く変な制度!!

投稿日:

Copyright© リサーチキャッシング , 2019 All Rights Reserved.